ルビ振り支援ソフト ver1.09b

 FastType ルビ振り支援ソフトは日本語の練習ファイルを作成するためのソフトです。
 スピーディにルビを入力することが出来ます。

変更箇所

・総行数10000を超えてファイルを扱えるようにした。
・roma.tsvの間違いを修正した。

動作環境 WindowsXP、2000、Me、98
ダウンロード

ルビ振り支援ソフト (自動解凍)(別途、VB6ランタイムが必要)
Just SystemのInternet Diskを利用しています。
ダウンロード後、ダブルクリックすると解凍出来ます。

お問い合わせ admin@akkiy.com までメールでお願いします。
参考文書 練習ファイルの作り方 <--よくお読みください。
作成の注意

・作成する前に、使用するファイルのバックアップを取ってください。
・使用前に readme.txt をお読みください。
・本ソフトウエア のご利用によって問題が生じた場合、制作者及び著作権者はいかなる責任も負わないものとします。
・コメント行の編集は出来ませんので、コメント行の編集にはメモ帳テキストエディタをご利用ください。

使い方
 1.メモ帳やエディタで文章を作成する
 2.ルビ振り支援ソフトを起動し、「ファイル」から適当なファイルを選択する
 3.ルビを入力する (下の選択肢から選択しても良い)
 4.Enterを入力すると次の文字へジャンプする
 5.2〜4を繰り返し、適当なところで「保存」を押してデータを保存する

 

画面イメージ (v1.05)

※ルビを振るかわりに、下の選択肢をクリックすることも出来ます。
※選択肢の横に表示しているファンクションキーも利用出来ます。
※ルビの始まり、終わりの (\  \) は自動的に挿入されるので、ミスの心配なし!

[Next]  次の場所にジャンプ   「Page Down」
[>>]   ルビの入力されていない場所までジャンプ
[Back]  前の場所にジャンプ  「Page Up」
[<<]  ルビの入力されていない場所までジャンプ
[<<]、[>>]を使えば入力出来てないところをチェック出来ます。

 

ルビデータの編集
 1.【編集】のチェックボタンにチェックをつける。
 2.編集したい場所のボタンをクリックする。
 3.インプットボックスが表示されるので、そこに文字を入力する。

 

  ※空白にして「OK」をクリックするとルビデータを削除出来ます。
 4.OKをクリックする。
 5.「保存」をクリックすると、本文のデータと同時に、ルビデータを保存します。