FastTypeの使い方(基礎編)

FastTypeを起動(スタート)するには・・・

1.ダウンロードしたファイル fasttype208.EXE をダブルクリックします。
  (FastTypeのバージョンが 2.08 の場合)

2.解凍場所を聞いてくるので、適当な場所を設定してください。
  (デスクトップに解凍するのをおすすめします!)

3.readme.txtを実行するかどうか確認メッセージが表示されます。
  実行したい場合は「はい」、実行しなくてよい場合は「いいえ」を選択しましょう。
  (readme.txt … FastTypeの簡単な取扱説明書です)

4.1〜3でファイルの解凍作業が終了します。
  解凍して出来たフォルダをダブルクリックします。

5.fasttype.exe をダブルクリックします。
  次回から(2回目以降)は4〜5の操作をすればFastTypeを起動(スタート)できます。


練習ファイルを開くには・・・

1.FastTypeを実行すると次の画面が表示されます。

2.『ファイル』をクリック → 『開く』をクリックすると、次の画面が表示されます。

3.『ファイルを開く』という画面が表示されます。
  (この画面は、使っているWindowsのバージョンによって異なる場合があります。)

  この画面から、練習したいファイルを選択しましょう!
  ネットランキングに対応した練習ファイルは 『ネットランキング対応』フォルダに入っています。

  試しに、『奥の細道』を選択(ダブルクリック)すると、次の画面になります。

5.最初のキーを押すと計測が始まります。
  この例だと、 キーを押すとスタートします。

FastTypeは他にもたくさんの機能があります。
他の機能はこちらをご覧ください。